保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」「入るなら掛け捨ての死亡保険」 その理由とは

1:コピペ魔神 ★ 2017/01/30(月) 12:03:55.53 ID:CAP_USER9.net
入院などに備えて医療保険に加入する人は多いが「私の知る限り、保険会社で働く人の多くは『医療保険に入るのはバカバカしい』と考えています」と、保険コンサルタントの後田亨氏。 

 

「入院時の費用など『お金の使途別』に対策をとらないことです。お金の問題を解決するのはお金ですから、自己資金で払うのが一番。 
医療保険に頼ると、数万円程度のお金のためにも保険料を払うことになる。健康保険の保障もあるのにもったいないということです」 

 

そもそも保険料が高すぎる――と、後田氏は語気を強める。 

 

「保険数理の専門家によると、医療保険の保険料には保険会社の運営費が3割ほど含まれている。 
1万円入金すると3000円手数料がかかるATM機のイメージです」 

 

高額の保険料の背後には「経費の使いすぎ」という問題も。 

 

「各社の保険料収入に占める事業費の割合を見ると、例えばアフラックで20%超。大手でも10%前後。 
大手の数十分の1の規模である埼玉県民共済が3%程度の事業費率で運営されていることを思うと、コストがかかり過ぎです」 

 

ちなみに「医療保険に入らない」保険会社の中の人たちは、どんな保険に加入しているのか? 

 

「掛け捨ての死亡保険ですね。 
自分で出せない1000万円単位のお金は保険に頼る一方で、“貯蓄性”は保険でなくてもできることなので求めない。 
一般には販売されていない『団体保険』が彼らの間で人気なのは、販売手数料などのコストが低いからです」 

 

団体保険は大手企業などで導入されている。生命保険に入る前に、国や職場の制度をチェックだ。 

 

<知っ得! 新常識ベスト3> 
1.「使い道」ではなく「金額の大きさ」で考える 
知ってる…26% 
知らない…74% 

 

2.保険に「貯蓄性」は求めない 
知ってる…31% 
知らない…69% 

 

3.こだわるべきは、保険料に含まれる「コスト」 
知ってる…18% 
知らない…82% 

 

https://nikkan-spa.jp/1261143 
https://nikkan-spa.jp/1261143/2 

 

書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方